便利なメンズ・ビジネスバッグ

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b02

リュックのメリット・デメリット

「ビジネスバッグ」といっても色々あります。

通勤時に使うバッグがそうだし、仕事で使うバッグがそう。人によってはリュック(ザック)をビジネスバッグとして使っている人もいます。

私もそうなのですが、通勤時に自転車やバイクを利用する場合、リュックはとても便利なのです。

リュックの最大のメリットは、なんといっても両手がフリーになることです。自転車通勤はもちろんのこと、荷物を背負ったまま、作業をすることもできます。

雨が降った場合、片手で傘を差しても、もう片方の手が空いているので別の荷物を持つことが可能です。

デメリットは、中の物を取り出すために、一旦背中から降ろさないといけない点が挙げられます。時間がかかるのです。

そして、人によってはこれが一番の問題点かもしれませんが、リュックはカジュアルすぎるのです。通勤時は問題ありません。ただし、仕事中、取引先の相手と会うのに、さすがにこれはちょっと・・という場合があります。

一方、バッグの利点は狭い場所でも使えることです。電車等、乗り物の中でも膝の上に置いておけますから。そして、中の物を取り出すのもすぐです。リュックのようなメンドウさはありません。

バッグ兼用リュック



「かわるビジネスリュック」というバッグ兼用リュックがあります。

これは、「頻繁に取り出す物」と「そうではない物」を区別して収納する事によって、必要な時、必要な物だけを簡単に取り出すことができます。

ごく一般のリュックは、全ての物を一緒に収納するため、リュックの中で物が混ざり、目的の物を素早く見つけ取り出しにくい構造となっています。

もちろんそうでないものもあります。登山用のリュック(ザック)のように、これでもかと仕切りがたくさん付いているものもあります。ただ、本格的な山用ザックは耐久性を重視しているので重たいです。また、ベルトやヒモが複数付いていて、街なかで使うには重装備すぎるところがあります。

この「かわるビジネスリュック」では、目的の物を素早く取り出せるように、最も手が届きやすいサイド部分に入り口が配置されています。

片側の肩紐を外すだけで片側のポケット(コアポケット)に手が届くので、すぐに必要な物を取り出すことが出来ます。

また、先方での突然の頂き物、お土産などを買った場合など、急に荷物が増えた時でも大丈夫。仕切りを倒すとごく普通のリュックのように1部屋になるので、大きな荷物も入ります。

ただ、リュックだと見た目の問題で、職種によっては場違いなシーンが少なからずあること。

「かわるビジネスリュック」はバッグのように横持ちができます。フォーマル用途にも使える「見た目」にもこだわりがあります。

移動時は「リュック」のスタイルで、仕事の1シーンだけ「ビジネスバッグ」。このように使い分けができるリュックなのです。

メンズ・ブリーフケース




「週間メンズバッグ、ブリーフケース部門」ランキングで1位を獲得したギオネ(GUIONNET)の ブリーフケースです。

高級感あふれる質感の、本革ビジネスバッグ。逆台形のシルエットがかっこいい。ビジネスバッグとして必要な収納力を持ちながら、見た目はあくまでスマートに。色々な仕事の場面で使えます。

時にはこういった高級感漂うバッグもいいんじゃないでしょうか。

いろいろなビジネスバッグ

%e6%a1%88%e5%86%85





楽天ウェブサービスセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする